歯科衛生士, 専門学校,東京

ブログ

2016年5月11日(水)
授業中に地震が発生したという想定で、
全学生・教職員が行う春の避難訓練を実施しました。

医療人として、診療室に出れば患者様を誘導しなくてならない学生たち。
自分の身の安全を守れなければ、
患者様を安全に誘導することができません。

自然災害は、いつどのようにして起こるか、予測がつきません。
だからこそ、日頃から防災にも関心をもち、 意識を高めましょう。



避難訓練の講評


 

真剣に学校長の話を聞いています。命を守る者として厳しいお言葉もありました。

1年生は初めての避難訓練で、
少し緊張していたかもしれませんが、
先輩たちについてスムーズに避難できました。
実は、患者様に安全に避難していただくにはどのようにすればよいか、
すでに臨床実習に出ている先輩たちは勉強をしています。
下級生たちは、先輩たちの真剣な姿勢もなんとなく感じたのではないでしょうか。

無駄なことはひとつもない。
ぜひ現場に出たときにも活かしてもらえたらと思います。

遊歩道の桜の木々もすっかり葉桜となり、

早くも初夏のような陽気を迎える季節となりました。

4日の入学式から早2週間。

1年生も新たな学校生活のなか、だいぶ緊張もほどけてきた頃で、

今日、改めて新入生オリエンテーションを行いました。

 

プロの医療人となる姿勢を日々の学校生活で学ぶため、

はじめてのマナー研修や、

学校生活を安全に過ごすための

生活の身近に潜むトラブルへ万が一巻き込まれたとき、巻き込まれないための対処法なども、

各専門家の方にお話いただきました。

 

 

 

 ~マナー研修~ 挨拶は人間関係の始まり!世代が違えば“当たり前”は異なります。今までの挨拶の仕方と変わったかな?

 

 

 

 これからの校生活に向けて、近隣の同世代の事例を交えながら…みんな安全に過ごそうね。

 

 

 これからの学校生活で守るべきこと

 

今までの環境とは異なる生活が始まります。

長いようで短い3年間。

まずは、医療人としての所作や考え方から身につけましょう。

 

これからが楽しみですね。

 

 日本糖尿病療養指導士認定機構が発刊しているCDEJ News Letterに

本校インプラント学、非常勤講師の竹前雅也先生、荒野義靖先生による

糖尿病治療における口腔機能改善が掲載されました。

内科、歯科の連携において、歯科衛生士の役割も書いています。


        

   
カテゴリー
アーカイブ
    最近の記事

      不況に左右されない歯科衛生士|最新! オープンキャンパス情報!

      • 詳しくはこちら
      • 体験入学を申し込む
      • 個別相談を申し込む
      • 資料請求はこちら

      モバイルサイト|携帯電話からでも情報を確認をすることができます。

      学校法人健映学園
      東京西の森歯科衛生士
      専門学校
      (旧称:西東京歯科衛生士専門学校)
      〒196-0002
      東京都昭島市拝島町3970-13
      [TEL] 042-543-0118(代)
      [FAX] 042-543-0200
      [MAIL] gakumu@ntdhc.ac.jp
      アクセスマップはこちら

      PAGETOP